武雄市は教育や医療もいい!

Posted 8月 20th, 2019 by jimmy

「武雄市図書館」が有名になり、一気に知名度をあげた佐賀県武雄市。
佐賀県武雄市の、ホームページを見てみました。
2007年ごろから、移住したいという人たちの支援を始めたそうです。
「福岡まで通勤できる」という立地の良さをアピールして、地道に武雄市への移住を勧める活動をしてきたおかげか、少しずつ若いファミリーの移住者が増えてきたといいます。
近隣の地域から、武雄市に家を建てて移住してくる人もいるそうです。
武雄市は、若いお母さんに武雄市の教育に関心を持ってもらいたいと力を入れています。
武雄市が掲げるのは「官民一体型学校」で、2015年から市内の公立小学校と民間の学習塾「花まる学習会」が連帯をするということなんです。
2020年までに、全ての公立小学校に導入予定だそうで、生徒にタブレットを使って予習することができるなど、対話型の教育を目指しています。
また医療の面では、24時間体制で診療してくれる病院やドクターヘリの起用など緊急医療にも、総力をあげて取り組んでいます。
単なる田舎での生活だけではなく、アクセスの良さに加えて、教育や医療が充実してこそ若いファミリー層が増えてきている理由だとしています。

Comments are closed.